• 幸せな家族・・・それはサザエさんが予言してたのかも知れません。

    鉄腕アトムに描かれた人間型ロボットが、すでに開発されています。
    アニメには、未来を予言するチカラがあるようです。
    理想の家庭を描いた「サザエさん」でも、女性の家族に、お婿さんが同居するという当時では画期的なシチュエーションで表現されています。
    あなたの周りを見渡してみて下さい。
    芸能人、お知り合い・・・ 婿養子というカタチが、幸せな家族を作っていませんか?

    婿養子サポートセンターでは、婿養子が条件の女性に最適な男性をご紹介します。

    この時代、実は婿養子を希望されてる女性はたくさんいます。
    みなさま、それぞれさまざまな理由や状況をかかえておられます。

    ただ、「婿養子」を希望するだけで、その条件が狭くなっている女性がたくさんいるのです。

    13年の経験と実績を持つ、ブライダルプロデュースピープルが、そんな方々の出会いを親身になってお手伝いさせていただく・・・
    それが、婿養子サポートセンターです。

    このサイトでは、婿養子が結婚の条件と考えている女性からのご相談をお待ちしています。

    「名前も仕事も今のまま」そんな結婚スタイル「女姓婚」

    女姓婚(じょせいこん)

    初めて耳にされる方もいらっしゃるかもしれません。

    日本では、結婚は家と家との繋がりだと考えられて来ました。
    でも、結婚って本当は、個人と個人の婚姻契約であって、あくまでも男女平等なんです。

    最近の日本の男女の結婚観も変化してきています。

    結婚後も、名前も変わらず、今の仕事をそのまま続けられる・・・。
    そんな結婚の新しいスタイル。

    それが、女姓婚(じょせいこん)です。

    こんな男性が婿養子・入り婿を求めています。

    今、日本の経済状況が決して良いとは言えない中で、彼たちも必死に行き、前へ歩いて行こうとしています。
    今あるスキルをもっと有効に活かしたい、今と違う人生を始めたいと切望しているのです。
    また、昔と違い男女平等になった今、戸籍にとらわれることなく、どちらに籍が入っても、こだわりを持たなくなってきたのです。

    それよりも、2人一緒にいることで、楽しく暖かい人生を歩んで生きたい・・・そう願っているのです。

    今まで、どちらかと言えばネガティブなイメージのあった婿養子という言葉は、確実に変化してきています。

     

    例) 36歳 会社員 年収700万円
    愛する人の家族が経営する会社なら後を継いでみたい。
    例) 34歳 銀行員 年収600万円
    一人っ子なのだが、昔ながらのカタチにはとらわれない。
    例) 35歳 会社役員 年収700万円
    生涯を共にする女性のご家族と経営できるなんてすばらしいと思う。

    家柄よりも人柄、まずはご連絡下さい!

    婿養子は、あくまでも結婚の一つのカタチにすぎません。
    本当に愛のある結婚には、家柄よりも人柄がたいせつです。

    婿養子サポートセンターでは、あなたの希望や結婚観をじっくりとお伺いして、最適なパートナーをご紹介させていただきます。

    このサイトをご覧になって、ご興味を持たれた方は、お気軽にお問合せください。

  • お問合せ

    ご興味を持たれましたらお気軽にご連絡ください。