• 子なし夫婦の老後サポートマッチング

    TSUNAGU

  • 老後の面倒を見てもらいたい。

    心配する人増えています。

    人生100年時代の老後生活

  • 1. 病気・介護のリスク

    健康で元気に動けるうちは一人でも不便を感じないが、介護が必要になったときは問題だ。内閣府の「一人暮らし高齢者に関する意識調査」(平成26年度)によると、子どもの有無で対策に違いがあることがわかる。

     

    要介護となった場合、主たる介護者は誰に頼みたいか聞いたところ、子どもがいる人は「ヘルパーなどの介護サービスの人」44.8%、「子」42.0%で、ほぼ変わらない割合になっている。

     

    一方、子どもがいない人では、「ヘルパーなどの介護サービスの人」が 72.3%と過半数を占め、次いで「兄弟姉妹」 10.8%、「わからない」が 9.7%。子どもがいないので外部に頼る傾向が強くなるのは仕方ないことだが、介護費の自己負担が多くなることが推測される。その分の介護費用を確保しておいた方が良さそうだ。

  • 3. 社会からの孤立リスク

    生涯独身または死別・離別で、子どもがいなければ最終的には“おひとりさま”の単身世帯になる。身内がいなくても、一緒にいられる相手や仲間がいれば、社会から孤立せず孤独死を避けられるかもしれない。

     

    内閣府・同調査の「喜びや悲しみを分かち合う相手」によると、子どもがいる人は、「子」56.7%、「友人」25.9%、「あてはまる人はいない」14.2%と、子どもが半数を超える。

     

    子どもがいない人では、「あてはまる人はいない」33.3%、「友人」29.8%、「兄弟姉妹、親戚」26.9%の順番。一位が「あてはまる人はいない」とは、なんとも寂しい気がするが、違う角度からみれば、一人でいても苦にならない“おひとりさま”気質が高い層ともいえそうだ。

     

    とはいえ、誰ともつながらず、社会から孤立してしまうことは避けたい。身内がいなければ、喜びや悲しみを分かち合える友人や仲間を大切にしておこう。

  • 子供がいなくても老後はもう安心。

    安らぎ:自宅で生活を続けられる

    テキストのセクションを使って自己紹介や、情報の表示、トピックのサマリー、ストーリーの紹介などを表示します。ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。

    医療:何かあった時に助けてもらえる

    テキストのセクションを使って自己紹介や、情報の表示、トピックのサマリー、ストーリーの紹介などを表示します。ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。

    コミュニティ:残された奥さんも一人にならない

    テキストのセクションを使って自己紹介や、情報の表示、トピックのサマリー、ストーリーの紹介などを表示します。ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。けれどもあんまり上手でないという評判でした。
  • 結果:お客様の声

    変化を訴えかけたら、その商品が持たらす結果にフォーカスしたコピーを書きましょう。使うとこうなりますよ、という得られる結果・事実を伝えます。誘起パートと似ているのですが、違うものなので気をつけましょう。

    タイトルテキスト

    サブキャッチ
    この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。

    タイトルテキスト

    サブキャッチ
    この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。
  • 老後の「困った」

    お手伝いします。

    養子で解決

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。